酢の知恵袋>酢で肉を柔らかく、ご飯をもっとおいくしする方法!



【酢の知恵袋D お料理に役立つ酢】
酢の、タンパク質を分解する性質は、
掃除や洗濯に利用できるだけでなく
料理にも利用できます。

【肉を軟らかくする酢】
肉に酢をかけてから調理すると軟らかくなります。
これは、肉が酸性になり、
たんぱく質が分解されるからです。

同時に、酢のアミノ酸が活性化して、
アミノ酸のうまみ成分が肉に浸透し、
よりうまみが増すので、理にかなた方法です。

同時に魚を煮るときに、酢を入れると
煮崩れしにくくなるといいますが、
これは、時間がないときに、短時間で煮るにはいい方法ですが、
長時間に続けると、魚も、煮崩れてしまいます。

【変色・黄ばみを抑える酢の効果】
ご飯を長時間保存していると、黄色くなってきますが
酢をかけておくと、変色を防ぎ、
変な臭いもせず、保存が出来ます。
食べるときにチンとすれば、酢がとびます。
これは、お酒でもいいです。

又、りんごなど切ってお弁当に入れる場合、
変色してしまいますが、さっと酢に通しておくと
変色ず、綺麗なまま食べてもらえます!
これは、レモンでもいいです。

ハスなど他の素材でも、酢につけると、変色を防ぎます。

しかしなぜ野菜や果物は変色してしまうのでしょうか?
野菜や果物には、抗酸化物質として働いてくれる体に良い性質がありますが、
これらの作用は、自らが酸化して防ぐという、犠牲から来るものです。
なので、野菜や果物を切って、空気にさらすと、抗酸化作用が働き、
みずからは酸化して、変色してしまいます。

酢は、その酸化を防止する効果があるのです。
酢に含まれる酢酸は、この酸化酵素の働きを阻害する働きがあるのです。

そのほか、酢は、にんじんなどにある
アスコルビナーゼというビタミンCを破壊する
酵素をおさえる効果があります。
これも酢の中にある酢酸の働きによるものです。
にんじんなどでジュースを作るときには、
必ず、酢を入れるようにしましょう。

■アスコルビナーゼについては、
こちらもご覧ください。
人参の上手な調理法
http://www.ninjin.biz/index/nin6.html
人参ジュース作りの注意したい点
http://www.ninjin.biz/index/nin15.html




酢の健康・美容効果

お酢トップページ
【お酢の豆知識】
お酢の起源と歴史
クレオパトラと酢・真珠
日本人の酢の起源
お酢とお酒と国民性の関係
お酢の種類・分類
お酒が酢に変わるマジック
酢がすっぱい訳
穀物酢とは?
玄米酢と黒酢の違い
黒酢と香酢の違い
【お酢の健康・美容効果】
疲労回復効果を高める
体をアルカリ性に!血液サラサラ効果!!
お酢のダイエット効果を高める
シワやシミニキビを治す美肌効果
【お酢別特徴と効果】
モルトビネガー・栄養価が高い
モルトビネガー・精神的疲労・疲れやすい・胃腸の弱い人
ハトムギ酢・美肌効果が高い
とうもろこし酢・お掃除・消臭に
米酢・和風料理に
米酢・尿路結石・大腸がん予防
玄米酢・高血圧に
玄米黒酢・アミノ酸が豊富
大麦黒酢・美肌効果シミシワに
もろみ酢・刺激臭が苦手な人に
もろみ酢・健康効果を早く実感したい方に
きび酢・塩分が気になる人に頭痛・ストレス
ワインビネガー・疲労回復・整腸効果
赤ワインビネガー・レスベラトロール効果
バルサミコ酢・ポリフェノールは黒酢の3倍!!.
【黒酢の効果】
黒酢ダイエット・効果的に痩せる
黒酢ダイエット・トマト黒酢ダイエット
黒酢バナナダイエット・作り方・保存方法
黒酢バナナダイエットの効果
黒酢ドリンクダイエット
黒酢の牛乳割りは育毛効果が
黒酢+納豆でも育毛効果
黒酢ドリンク・ジュース割りで効果UP
【果実酢酢の効果】
リンゴ酢・脂肪を中和ダイエット効果高い
リンゴ酢・セシウムを排出効果
リンゴ酢ダイエット・方法と作り方
果実酢の特長と健康効果
果実酢・イチゴ酢の作り方・美肌効果
ブルーベリー酢・アンチエイジング効果
果実酢のおいしいドリンクレシピ
シソ酢・老化を防ぎ成人病予防、むくみ
シソ酢ダッエット・ロズマリン酸の効果
シソ酢の作り方
【酢の知恵袋】
つらい二日酔いに!
口臭・体臭予防・消臭効果!
ガラスコップや鍋をピカピカに
掃除・洗濯の裏ワザ
肉やご飯をおいくしする方法!
【酢のまとめ】
効果的な健康効果・美容効果

その他

リンク募集中