酢の豆知識>穀物酢とは、とんな酢の事ですか?どんな時に使えますか?



【穀物酢とはどんな酢なのか?】

お酢には、体をアルカリ性にして、血液サラサラ効果があり、
血液の流れが良くなって、冷え症や肩こりが治ります。
血圧も安定し動脈硬化や心臓病の予防。
代謝も活発になるので、コレステロール値も安定し、成人病も予防、
ダイエット効果も期待できます。
お酢を飲むことで、免疫力もUP。

これらの酢の健康効果にプラスして、
それぞれの酢には、特徴があり目的に合ったお酢を使うと、さらに健康効果が上がります。

まず穀物酢です。
穀物酢の分類は、次のようになっています。
【穀物酢】
●穀物酢(麦・小麦・とうもろこし)
  ・穀物酢
・モルトビルガー(麦芽酢・・ビールから出来る)
  ・ハトムキ酢(はと麦)
●米 酢
  ・米 酢(白米)
・玄米酢(玄米)
・黒 酢・・・黒酢(玄米・麦)
・・・香酢(もち米)
・もろみ酢(タイ米)
●きび酢(さとうきび)

大きな穀物酢のカテゴリーの中には、米酢や黒酢など、
穀物が原材料となっているお酢、すべてが穀物酢です。

米酢も黒酢も大きく分ければ穀物酢なのです。
しかし、一般的に、穀物酢と呼ばれるものは、
麦・小麦・とうもろこしから出来ているお酢
のことだと思ったほうがいいです。

この穀物酢は、ごく普通の料理などに使う酢です。
昔からある、一般家庭に置いてある酢です。

穀物酢は、値段も手ころで、あっさりしているので、
なんにでも使えます。
安いので、料理以外の目的、例えばお掃除などにも使えます。
(酢には、除菌効果があります。)

酸味もほどほどで、きつくなく、
くせがないので、野菜との相性もよく、きゅうりもみにしたり、
料理の下味として、使われます。
ドレッシングにも使えます。

穀物酢は、この様にお手頃価格で、酢の特徴としても、不も可もなく、
普通にほどほどの健康効果もあり、癖もないので、無難になんにでも使える。
と言ったところが、この酢の特徴と言えます。
使いやすいお酢です。

<穀物酢>




酢の健康・美容効果

お酢トップページ
【お酢の豆知識】
お酢の起源と歴史
クレオパトラと酢・真珠
日本人の酢の起源
お酢とお酒と国民性の関係
お酢の種類・分類
お酒が酢に変わるマジック
酢がすっぱい訳
穀物酢とは?
玄米酢と黒酢の違い
黒酢と香酢の違い
【お酢の健康・美容効果】
疲労回復効果を高める
体をアルカリ性に!血液サラサラ効果!!
お酢のダイエット効果を高める
シワやシミニキビを治す美肌効果
【お酢別特徴と効果】
モルトビネガー・栄養価が高い
モルトビネガー・精神的疲労・疲れやすい・胃腸の弱い人
ハトムギ酢・美肌効果が高い
とうもろこし酢・お掃除・消臭に
米酢・和風料理に
米酢・尿路結石・大腸がん予防
玄米酢・高血圧に
玄米黒酢・アミノ酸が豊富
大麦黒酢・美肌効果シミシワに
もろみ酢・刺激臭が苦手な人に
もろみ酢・健康効果を早く実感したい方に
きび酢・塩分が気になる人に頭痛・ストレス
ワインビネガー・疲労回復・整腸効果
赤ワインビネガー・レスベラトロール効果
バルサミコ酢・ポリフェノールは黒酢の3倍!!.
【黒酢の効果】
黒酢ダイエット・効果的に痩せる
黒酢ダイエット・トマト黒酢ダイエット
黒酢バナナダイエット・作り方・保存方法
黒酢バナナダイエットの効果
黒酢ドリンクダイエット
黒酢の牛乳割りは育毛効果が
黒酢+納豆でも育毛効果
黒酢ドリンク・ジュース割りで効果UP
【果実酢酢の効果】
リンゴ酢・脂肪を中和ダイエット効果高い
リンゴ酢・セシウムを排出効果
リンゴ酢ダイエット・方法と作り方
果実酢の特長と健康効果
果実酢・イチゴ酢の作り方・美肌効果
ブルーベリー酢・アンチエイジング効果
果実酢のおいしいドリンクレシピ
シソ酢・老化を防ぎ成人病予防、むくみ
シソ酢ダッエット・ロズマリン酸の効果
シソ酢の作り方
【酢の知恵袋】
つらい二日酔いに!
口臭・体臭予防・消臭効果!
ガラスコップや鍋をピカピカに
掃除・洗濯の裏ワザ
肉やご飯をおいくしする方法!
【酢のまとめ】
効果的な健康効果・美容効果

その他

リンク募集中