酢の豆知識>お酢はなぜすっぱいの?酢の特徴と効果をしろう!



【なぜお酢は酸っぱいのか?】

酢の成分は、殆どが酢酸で後は、
アミノ酸とエキス成分でできています。

酢酸は、いわゆる酢のすっぱさの元です。
酸は水素イオンの味なのだそうです。

人の感ずる酸味の強さは、酢酸が一番です。
しかし同じ酢でも、すっぱさの程度は酢によって違います。
苦手な人は、あまりすっぱくないものを選ぶといいですね。

酢によって、
アミノ酸やうまみ成分の量も種類により違います。
原材料により、有効成分や健康効果が変わり、
ビタミン、ミネラルを多く含むものもあります。
塩分の少ないものもあります。

酢酸には強い殺菌作用があります。
昔の人が、ご飯に酢をかけすしにしたのは、アミノ酸のうまみ効果だけでなく、
冷蔵庫がなかった時代に、食品をより長持ちさせるかという
工夫による生活の知恵だったのでしょう。

酢の主成分である酢酸は体内に入ると、クエン酸に変化します。
クエン酸はエネルギー代謝活動を活性化する作用があります。
それにより、乳酸などの疲労物質を減らし、
体脂肪を効率良く燃やしてくれます。
梅干しやレモンなどの酸っぱい食品には、
同じようにクエン酸が豊富に含まれています。
疲れているときに、酸っぱい食べ物を食べると、疲労回復に効果的です。

お酢やすっぱい食品に含まれている、クエン酸は、
代謝を活発にする効果があるので、
そりにより、酢にはダイエット効果や健康効果が期待できます。

代謝を上げる効果として、お酢に含まれるアミノ酸が有効です。
お酢の中には、アミノ酸が豊富に含まれています。
しかし、酢の種類によって、アミノ酸量は変わります。

アミノ酸の代謝やダイエット効果を期待したいのなら、
黒酢・香酢・もろみ酢などがおススメです。
この三つの酢は、他の酢に比べて、アミノ酸の量が多い酢です。

かといって、ほかの酢に健康効果がないわけではありません。

果実酢は、フルーティーで香りがよく
少し薄めるだけで単独で飲むことが出来ます。
ビタミンを含みます。
穀類が原材料の穀物酢は、全体的にまろやかで、
風味豊かです。日本料理にむきます。
料理によって、あう酢も変わります。

美肌効果の高い酢もあります。 それぞれの酢の特徴をしって、使い分けることが大切です。

それぞれの酢は、健康効果や得意分野がありますので、
これから、ご紹介していきます。

ご自身にあう酢を選んで、効果的に使ってください。


酢の健康・美容効果

お酢トップページ
【お酢の豆知識】
お酢の起源と歴史
クレオパトラと酢・真珠
日本人の酢の起源
お酢とお酒と国民性の関係
お酢の種類・分類
お酒が酢に変わるマジック
酢がすっぱい訳
穀物酢とは?
玄米酢と黒酢の違い
黒酢と香酢の違い
【お酢の健康・美容効果】
疲労回復効果を高める
体をアルカリ性に!血液サラサラ効果!!
お酢のダイエット効果を高める
シワやシミニキビを治す美肌効果
【お酢別特徴と効果】
モルトビネガー・栄養価が高い
モルトビネガー・精神的疲労・疲れやすい・胃腸の弱い人
ハトムギ酢・美肌効果が高い
とうもろこし酢・お掃除・消臭に
米酢・和風料理に
米酢・尿路結石・大腸がん予防
玄米酢・高血圧に
玄米黒酢・アミノ酸が豊富
大麦黒酢・美肌効果シミシワに
もろみ酢・刺激臭が苦手な人に
もろみ酢・健康効果を早く実感したい方に
きび酢・塩分が気になる人に頭痛・ストレス
ワインビネガー・疲労回復・整腸効果
赤ワインビネガー・レスベラトロール効果
バルサミコ酢・ポリフェノールは黒酢の3倍!!.
【黒酢の効果】
黒酢ダイエット・効果的に痩せる
黒酢ダイエット・トマト黒酢ダイエット
黒酢バナナダイエット・作り方・保存方法
黒酢バナナダイエットの効果
黒酢ドリンクダイエット
黒酢の牛乳割りは育毛効果が
黒酢+納豆でも育毛効果
黒酢ドリンク・ジュース割りで効果UP
【果実酢酢の効果】
リンゴ酢・脂肪を中和ダイエット効果高い
リンゴ酢・セシウムを排出効果
リンゴ酢ダイエット・方法と作り方
果実酢の特長と健康効果
果実酢・イチゴ酢の作り方・美肌効果
ブルーベリー酢・アンチエイジング効果
果実酢のおいしいドリンクレシピ
シソ酢・老化を防ぎ成人病予防、むくみ
シソ酢ダッエット・ロズマリン酸の効果
シソ酢の作り方
【酢の知恵袋】
つらい二日酔いに!
口臭・体臭予防・消臭効果!
ガラスコップや鍋をピカピカに
掃除・洗濯の裏ワザ
肉やご飯をおいくしする方法!
【酢のまとめ】
効果的な健康効果・美容効果

その他

リンク募集中