あなたのお酢選びは大丈夫?

目的にあった酢を選ぶ酢の特徴・効能を知る!

あなたのお酢選びは大丈夫?酢の特徴・効能を知る!

【お酢の特徴や効果・効能を知って自分にあった酢を選ぶ】
お酢は、健康ブームに乗って、
大変もてはやされていますが、
とても種類が多く、どれをどんな風にとれば、
健康効果や美容効果、ダイエット効果が得られるのか。
又、どの酢が自分にあっているのか、
わかりづらいと、感じませんか?

たくさん種類があると、料理に使うのでも、
どれを使っていいのか、分からなくなります。

酢によって、アミノ酸の量も違います。
塩分の少ない酢もあります。
酸っぱいのが苦手な人でも、飲みやすい酢もあります。

この様に、酢の特徴を知って、使い分ければ
、 長く続けていけますし、効果も上がります。

同じ飲むのでも、より効果の上がる飲み方もあります。

ダイエットや健康で、酢を飲んだり食べたり
するのも、あきてきますし、出来れば、
美味しく続けたいものです。

そんな方の参考になればと思い、
書いてみました。

酢には、飲む以外に消臭効果や
お掃除・洗濯にもむいています。
そんな豆知識も参考にしてください。

又健康効果については、次のサイトも
参考にご覧ください。

【酢とアミノ酸とホルモン・抗酸化の関係】
酢は、たくさんのアミノ酸を含んでいます。
アミノ酸は、成長ホルモンなどのホルモンの元です。
年を取ることでホルモンの分泌が減ってくると、代謝が悪くなり、
いろいろな病気が出てきますが、ホルモンを若いころのレベルに戻すと、
肉体も、体の機能も若返り、がんや高血圧といった成人病の心配がなくなります。
見た目もしわなどがなくなり
美しくなります。つまり若さを取り戻せるのです。

この様に、アミノ酸をとると、成長ホルモンなどのホルモンが活性化することで、
健康になる効果は勿論、肌や体の若返り・精神の若返りることができます。
成長ホルモンを活性化するダイエットは、リバウンドがありません。
又果実酢には、抗酸化作用の高い酢も多いです。
抗酸化物質にも、体のサビつきを予防し、老巧化・若返り効果があります。
成長ホルモンとアミノ酸、抗酸化物質の関係については、
こちらも参考にしてください。
■成長ホルモンで若返り! http://www.hghz.net/


【成人病予防効果・若返り効果関連】
クラシック音楽にも、脳に作用してα波を出し
がん予防効果・病気治療効果・精神安定効果
免疫力UP効果・美容効果・ダイエット効果
などの健康効果がでています。
■健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/
■姉妹サイト
スケート音楽を弾いてみよう!! http://ongaku.yokochou.com/

浅田真央ちゃんや他の選手がフィギュアスケートの演技で
使用している曲をあなたも弾いてみませんか?

女性の美肌、ダイエット、冷え性改善
がん治療効果・成人病予防効果など
にんじんにはさまざまな美容・健康効果があります。
■人参百科 http:/nimjim.sa-kon.net/

あまり知られていませんが、牡丹や芍薬は
生薬としての効果もありアンチエイジング効果もあります。
あわせて、ご覧ください。
■牡丹・芍薬専門HP http://botan.konjiki.jp/

トマトに含まれるリコピンは、
がん予防や成人病予防効果に優れ、
ダイエットや美肌効果もあります。
■トマトで健康トマトランドhttp://www.tomato-land.net/

集中力・リラックス方法はこちらで。
■集中力で治すあがり性 http://sadclub.yu-yake.com/

■色を見方にすることで、集中力、リラックス効果
健康効果、ダイエツトの他、好感度をUPし、
人間関係をよりよくし成功をおさめることを
目指しています!
好感度をあげ成功する!色彩心理学

このサイトは、次の項目からなっています。

●酢の歴史
●酢の素朴な疑問
●酢の健康効果
●それぞれの酢の特長と健康効果

【穀物酢】
●穀物酢(麦・小麦・とうもろこし)
・モルトビルガー(麦・・ビールから出来る)
  ・ハトムギ酢(はと麦)
・とうもろこし酢(とうろもこし)
●米 酢
・玄米酢(玄米黒酢)
・黒 酢・・・黒酢(玄米・麦)
・・・香酢(もち米)
・もろみ酢(タイ米)
●きび酢(さとうきび)

【果実酢】
●ぶどう酢(ワインビネガー)
・ワインビネガー
・バルサミコ酢
●リンゴ酢
●果実酢(リンゴ・ブドウ以外の果実酢)

【醸造酢】
穀物酢、果実酢のどちらでもない醸造酢
はちみつ酢など

【あわせ酢】
酢を基本にして他の調味料などと合わせたもの
うめ酢・白酢など


●酢の千恵袋
健康・美容以外のちょっとした
いい使い方のご紹介

●まとめ
酢のアミノ酸量と健康効果について



相互リンク*相互リンク募集
リンク集



サイトマップ
2017.8.17更新

↑ PAGE TOP